無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
さらば長き眠り
さらば長き眠り
著者:原
あらすじ:
四〇〇日ぶりに東京に帰ってきた沢崎を待っていたのは浮浪者の男だった。
男の導きで、沢崎は元高校野球選手からの調査を請け負う。
十一年前、八百長試合の誘いがあったのが発端で彼の義姉が
自殺した真相を突き止めてくれというが……
沢崎シリーズ第一期完結の渾身の大作。文庫版書下ろし「世紀末犯罪事情」収録

感想:
だんだん、真相がわかるにつれて(-"-;)ムムっとうなってしまいそうな
なるほどなぁと感心するようなそんな感覚にとらわれました。
このシリーズがこれ以上出ていないのがとても残念です。
評価:
原 りょう
早川書房
¥ 840
(2000-12)
Amazonランキング: 137594位
| redhill | | comments(0) | trackbacks(0) |
天使たちの探偵
天使たちの探偵
著者:原
あらすじ:
〔日本冒険小説協会賞最優秀短編賞受賞作〕
十才の少年の依頼で、ある女性の監視をはじめた沢崎は、
思いもかけぬ銀行強盗事件に巻きこまれることに――
沢崎の記念すべき短篇初登場作「少年の見た男」ほか、
未成年者がからむ六つの事件を描く連作短篇集。
文庫版のために書下ろされた掌篇「探偵志願の男」を収録。

感想:
あらすじにあるように、短編です。
今まで出てきていた錦織警部がでてこないのが
個人的にはちょっと残念でした。
評価:
原 りょう
早川書房
¥ 609
(1997-03)
Amazonランキング: 159338位
| redhill | | comments(0) | trackbacks(0) |
私が殺した少女
私が殺した少女
著者:原
あらすじ:
まるで拾った宝くじが当たったように不運な一日は、一本の電話ではじまった。
私立探偵の沢崎は依頼人からの電話を受け、目白の邸宅へと愛車を走らせた。
だが、そこで彼は自分が思いもかけぬ誘拐事件に巻き込まれていることを知る……
緻密なストーリー展開と強烈なサスペンスで読書界を瞠目させた直木賞受賞作。

感想:
最終的にはつらい結末でした。
自分がこんな状況だったらどうするだろう・・・
読んだ後いろいろ考えさせられました。

それにしても、沢崎のハードボイルドっぷりがいい感じです^^
評価:
原 りょう
早川書房
¥ 714
(1996-04)
Amazonランキング: 131652位
| redhill | | comments(0) | trackbacks(0) |
そして夜は甦る
そして夜は甦る
著者:原
あらすじ:
西新宿の高層ビル街のはずれに事務所を構える私立探偵沢崎は、
ひょんなことから、行方不明となったルポライターの調査に乗り出すことに――
そして事件は過去の東京都知事狙撃事件の全貌へと繋がっていく……。
いきのいい会話と緊密なプロット。レイモンド・チャンドラーに
捧げられた記念すべき長篇デビュー作。

感想:
まさにハードボイルドといった感じ。
1988年発行なのですが、古臭い感じもなくスラスラと読み進めました。
主人公もさることながら、脇を固める人たちもちゃんと書かれているので
読み応えも十分です。
評価:
原 りょう
早川書房
¥ 693
(1995-04)
Amazonランキング: 189995位
| redhill | | comments(0) | trackbacks(0) |