無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
誰もわたしを愛さない
誰もわたしを愛さない
著者:樋口有介
あらすじ:
柚木草平は、時に探偵の依頼もこなす元刑事のルポライター。
渋谷のラブホテルで、女子高生が絞殺された。
警察の発表では、行きずりの犯行らしいが。
謎には強いが女にゃからきし弱いハードボイルド探偵が、
新相棒・小高直海のコンビで挑む、女子高生殺人事件の不可解ワールド。
本格探偵物語、傑作ミステリー。

感想:
ちょっと悲しい結末でした。
でも、今までどおり、美人さんは出てくるし、想像が膨らんでよい感じです(^_^)
新しく担当についた小高直海もいい感じのキャラを出しております。
今年の7月に新しい本が出るみたいです。
文庫化されるのが待ち遠しいですね。
評価:
樋口 有介
講談社
---
(2001-10)
Amazonランキング: 560671位
| redhill | 樋口有介 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://redhill.jugem.cc/trackback/154